設置するのみでメンテナンス不要のレンタルサーバー

本格的に水素水を毎日続けて飲用したい方は、水素水生成器といわれる、浄水器タイプやポットタイプの他、サーバータイプもお勧めです。

サーバータイプはあらゆる水素水の中で最も高額の製品となります。メーカーによって異なりますが、最低でも20万以上はかかります。

浄水器タイプと同じように、電極を使用して水を水素イオンと水酸イオンに分解し、そこから水素水を生成する物となっています。

スティックタイプやパッケージタイプに比べるとかなりコストパフォーマンスは良いですが、初期投資が大きいです。

gonme.jpg

ただ毎日続けていくのであれば、サーバーや浄水器の方が断然お得です。サーバーの利点は、浄水器やスティックタイプに比べてメンテナンスの手間が省けるというのがあります。

また、サーバーは購入したらかなり高額ですが、ほとんどの方はレンタルサーバーを使用しており、こちらは月々2000円程度から利用する事ができます。

メンテナンスはメーカーが定期的に訪問して行ってくれますので楽です。ただ、置き場所を確保しなければならないということと、浄水器のように、酸性水やアルカリ水など飲用以外の用途で仕様ができないというデメリットもあります。

あくまで飲用水としての使用となります。一般の飲料水のレンタルサーバーに水素水生成機能を取り入れているタイプもあります。

サーバータイプの大きなメリットとして、他に災害時の飲料水が確保できるというのがあります。

停電になっても、ストックした水がそのまま飲用水として使えるので、南海大地震が心配される現在、最もお勧めしたい製品です。